サラリーマン太郎

日々是精進

なんか古臭いタイトルと思うのだけど
日々是精進
ってのはとっても大切な考え方だと思う。僕なりに言い換えると、日々気合と根性、といいかえても僕の中では同義語だ。気合と根性っていうと松岡修造みたいな感じ?とかって思われがちなんですが、まさにそうなんです。

 

松岡修造ってウィンブルドンで最高ベスト8までいった選手なんだけど、テニス下手な僕なんかが見ていても、なんじゃこれ下手。。とかプレー見ていて思った。そりゃ素人の僕らからすれば、全てがスーパーショットなんだけど、でもねえ不器用なんだよね。

 

サービスはむちゃくちゃ早くってコースもすごいんだけど、フォアハンドなんて危なっかしくて見ていられないくらい上手じゃない。もちろんプロ選手のかなでの話なんだけどね。
でもね、松岡修造って努力の天才だと思うんだよね。テニスの天才ってたくさんいる、錦織圭も天才だと思う。もちろん錦織圭も努力の天才かもしれないけど松岡修造の努力の天才度はすごいと思う。彼の才能であそこまでいったのは、すごい。

 

松岡修造をアメリカにこないかと呼んだのがボブブレッドという有名なコーチ。プロ選手のトップ選手をたくさん育てている。そのボブブレッドが誘うときに言ったのが

 

運が良ければ100位以内に入れるようになる

 

ボブブレッドでさえも100位以内に運が良ければ入れるって思った程度。程度って書いたけどめちゃくちゃすごいことなんだけどでも松岡修造は40位くらいまで行っている。錦織圭は12位くらいまでいってると思うのだけど、錦織圭が12位は彼の才能からすれば当然とだれしもが思っているけど、松岡修造が50位切ったのはこれはびっくりした。

 

松岡修造ほどの努力を続けたら、なにごともできないことはないのでは?と思うほど松岡修造はすごい。

 

努力はかっこ悪いとかっていう人がいるけど、努力って言葉が嫌いってのと違って、努力って人に見せるものじゃないし、努力は一人で積み重ねるものだからね。
努力とか精進って、かっちょわるいですよ。僕もそう思う。

 

才能があるならね、努力しないでいいのかもしれないけど?でもある程度以上いくには、才能があってなおかつ努力だと思う。才能がない僕みたいな人たちは努力努力根性根性、そしてまた根性で努力くらいでやっと普通になれると思っている。

 

かっちょ悪くても、仕事でもテニスでもスポーツでもなんでも、人よりも抜きん出るためには、人よりも行動したり努力したりするってのは勝負の鉄則だと思うし、それを続けられたときに、気が付くと突き抜けているってこともないわけなないと思っている。